玄関横の土蔵は、人形展示館。

建物と同じ大正期の建築です。

土蔵には館主が長年かけて収集した、

古典人形など多数、展示しています。




お気に入りを少しお見せします。
他は壽美吉でおまちしております。


からくり人形


からくり人形は、男性の所有品で縁日などで見世物となり、完成度を高めたようです。

この人形も、各地の人形展などに招請出品されているものです。

古書の『機巧図彙』によれば、仕組みから鼓笛童児に分類され、江戸嵯峨の特徴を持つ裸の童児のようです。

嵯峨人形

極彩の細かい紋様の豪華な若衆。

仏師や能面師の余技として作られるようになった、といわれるものです。

加茂人形

木目込人形とも呼ばれるもので、人形本体は木彫り。

衣装は、木地に筋を彫って布先が木目込んであり、今日の木目込人形の原型を有しています。
御所人形

御所人形は真っ白な肌にぽっちゃりとした体形の幼児の姿が特徴的で「白肉(しろにく)人形」などとも呼ばれています。

腹掛けの上にちゃんちゃんこを着、頭には頭巾をかぶり、額は前髪を水引で結んでいます(水引手)。

背中にあるつまみを動かすと、太鼓とバチを持った両手が動きます。



旅館 壽美吉
〒506-0011
岐阜県高山市本町4丁目21番地
TEL 0577-32-0228
FAX 0577-33-8916
E-mail sumiyosi@beach.ocn.ne.jp
   

Copyright(C) 2012 SUMIYOSHI All right reserved
写真館 リンク 寿美吉旅館ブログ 思い出 観光案内
トップ 宿泊ご案内 館内ご案内 コレクション アクセス 予約問い合わせ